0120-4126-40 団体/法要・慶事のお客様へ

安宅の関 | 観光案内 | 粟津温泉[北陸・金沢] 旅館 癒しの庭園宿 辻のや花乃庄

小松市はもちろんのこと、石川県、近隣県までおすすめの観光地は数え切れません。北陸での観光も旅行の思い出にプラスしてお楽しみください。

{ 見る }

[ 史跡・神社・仏閣 ]

安宅の関

INFORMATION

  • 所在地

    石川県小松市安宅町タ140-4

  • TEL

    0761-21-6734

白砂青松の中に「智仁勇」の像が立つ、
歌舞伎十八番・勧進帳の舞台。

 安宅住吉神社の海側に広がる静かな松林の中に、勧進帳の舞台、安宅の関跡の碑がある。
 兄、頼朝に追われた義経が安宅の関を通る際、関守・富樫の厳しい尋問にあい、その危機を乗り切るため弁慶は、偽の巻物を広げて即興で「勧進帳」を読み上げ、さらに嫌疑がかけられると、主君である義経を打ち据える。その姿に感動した富樫が通行を許可した。
 これが誰もが知る勧進帳の有名なシーンだ。

 悲運の英雄、源義経が歴史の表舞台に現れるのは、22歳で兄・頼朝と対面してから31歳で奥州平泉で自害するまでのわずか9年間。最後の2年間を過ごした平泉に至るまでの空白の2年間が、日本全国に残る数多くの義経伝説を生み出した。石川県内にも加賀から能登まで、90を越える義経主従の伝説が残されている。その中でも一番有名なのが、ここ安宅の関の物語だ。
 義経が平泉で自害してから200年以上のち、15世紀初期に書かれた『義経(ぎけい)記』の中の各地での出来事を一つにまとめて、15世紀後半に能「安宅」が作られた。そして江戸時代の天宝11年(1840)に、七世市川団十郎によって歌舞伎「勧進帳」が初演されて人気を博し、以来、歌舞伎十八番の一つとして今も受け継がれ、安宅の関の名を全国に広めることになった。

 弁慶の智略と勇気、富樫の仁義をたたえ、昭和15年に二人の銅像が建てられた。その後、平成7年に義経像が加わり、今は三人で「智仁勇」を表す形になっている。


料金

見学自由

一覧に戻る

■玉手箱会席―TAMATEBAKO―■

ご予約はこちらから

リボンをゆっくりと解いて、蓋を開けるともくもくと氷煙の中から 姿を現すのは日本海で獲れた新鮮な≪10種の海の幸≫

大人1名 15,500円〜(税抜)

■雪解け会席―YUKIDOKE―■

ご予約はこちらから

ふわっふわの綿あめをゆっくり溶かして、割り下に甘みをプラス。 溶ける瞬間は、思わず動画に納めたくなってしまうほど。

大人1名 15,500円〜(税抜)

■北陸グルメ会席―GOURMET―■

ご予約はこちらから

『お魚もお肉も両方味わいたい・・・・!』 ――そのご要望辻のや花乃庄がお応えします!

大人1名 17,000円〜(税抜)

辻のや花乃庄のご予約はこちら

  • 辻のや花乃庄 公式HPから予約
  • 辻のや花乃庄 楽天トラベルから予約
  • 辻のや花乃庄 じゃらんから予約
  • 辻のや花乃庄 るるぶトラベルから予約
ご予約状況の確認 宿泊プラン一覧